06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

光姫のふるさと加古川紀行3

2014/07/09
    抜粋ですから 読み流してくださいね。

    光姫のふるさと加古川紀行3が届きました。
    よかったら見てください。

    加古川評定


    三木合戦

    現在の加古川町本町にある称名寺の前身が加古川城跡と言われています。

    加古川城が歴史上 注目を浴びたのは 天正6年(1578)2月織田信長の家臣

    羽柴秀吉が中国地方の覇者毛利氏平定のため糟屋氏の加古川城で

    織田軍の軍議(加古川評定)を開き、三木合戦のきっかけとなったからです。

    もともと播州地域は、三木城主 別所長治(ながはる)が最大の勢力をもっており

    その周辺城主も三木城の支城として織田軍支援の方向で進んでいました。

    その後

    毛利勢の工作や浄土真宗の影響の強い播州での信長に対する反感などもあり

    不安定な情勢の中、秀吉は加古川城に諸城主を集め

    毛利攻めの作戦会議「加古川評定」を行いました。

    しかし

    三木城から城主の別所長治は出席せず、長治の叔父である筆頭家老の

    別所賀相(よしすけ)と重臣の三宅治忠が出席しましたが

    軍議では治忠が長々と戦法を講釈したため

   秀吉に途中で中止させられるはめになってしまったのです。

   賀相は三木城に帰り、長治や重臣に 「秀吉の態度はまことに無礼であった」
  
   と報告。

   結果、三木城は反旗を翻し毛利方につき 織田軍と戦う事になり

   大半の周辺城主も三木城に従い毛利軍につき

   織田軍は糟屋武則の加古川城と別所賀相の弟 別所重棟の別府城のみとなりました。

   これにより 世に言う 「三木合戦」が始まりました。

   この評定で 織田方につくようにまとめたい官兵衛にとって 三木城主 別所長治

   が加古川評定に欠席したことが悔やまれたのではないかと想像できます。

    
    syukusyo-RIMG0062_20140709002225a88.jpg

   
スポンサーサイト
00:01 つれづれ | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます
今ドラマはこの三木城攻めが終わって高松城の水攻めいよいよ本能寺の変にかかりますね。
おおざっぱな筋書きしか知らないので年代も前後したりですが
ドラマは歴史の流れがわかります。

それにこうしてその詳細アップしてくれるのでさらに詳しくわかります
ありがとうこれからもこのような企画続けて下さいね。
しょこらろーずさん おはようございます

大河ドラマをより詳しく理解できて嬉しいです。
今度の日曜日はいよいよ「本能寺の変」です。

光姫の内助の功は大きいですね。
テレビドラマですから脚色もありましょうが
光姫は優しくて凛々しくて、夫がほとんど帰ら
ない家をしっかりと守っていますね。
こんばんは
八衛門さん☆コメント有難うございます。

至るところで官兵衛&光姫色に染められて。
光姫のお菓子に官兵衛コーヒーなど、お店もすごいなと思います。
光姫は志方生まれです。志方はイチジクが有名なので
イチジク菓子など。町起こしです(笑)

デモ、当時の事は想像することも多いのではと思います。
今回の記事は短かったです?

有難うございます。

こんばんは
karinさん☆コメント有難うございます。

そうですよね。確かに光姫は素晴らしいと思います。
光姫は加古川市志方町生まれですが、志方町の人間にピッタリ
の配役さんだと思います。シンプルです。
冊子は加古川商工会議所発ですが、違うところからも
発信があると思います。
今や加古川が誇る官兵衛です。
こんな事、遠い昔はちっとも知りませんでした。

歴史は何処にでもあるのだと思います。

有難うございます。
おはようございます☆

今まで大河ドラマを見てなかった主人が、今は日曜日の8時になるとチャンネルを回し見ています。
今振り返ってみると、軍師官兵衛は光姫の内助の功があっての官兵衛だったかも知れませんね。
地元に誇れる方がいると言う事は、とても素晴らしい事だと思います。

またおじゃまします☆
加古川も官兵衛一色になったようですね。
いよいよあのクライマックス「敵は本能寺にあり」場面ですね。
日曜日が楽しみです。
分かりやすい解説有難う。
私、これからは官兵衛の名前が出てきたら、しょこらちゃんを思うよ、きっと。
随分勉強してるし、語り部が出来るじゃん。

私は、信長ゆかりの地なのに、そこまでは・・・・
光姫のように、濃姫の事かたれません。
こんばんは
かのこさん☆コメント有難うございます。

内助の功ね。響きの良い言葉で憧れます。
かのこさんの旦那さん、官兵衛を見てはるのですか。
どんなにか嬉しいです。
まさかこの地がテレビになるなんて夢みたいです(笑)

有難うございます。
こんばんは
あざみさん☆コメント有難うございます。

そうですね。有名すぎるくらいな本能寺の変です。
見応えがありますね。
加古川は名所旧跡少ないですから
官兵衛に染まっていると行っても過言ではありません。

本当に賑わっています。姫路市も勿論の事です。
旗が目立ちます(笑う)

有難うございます。
こんばんは
ちるみさん☆コメント有難うございます。

加古川市と一緒にいます。なんせ静かな街に官兵衛&光姫
ですから知らない人はいないと思うほどです。

光姫の故郷は、行く事ありで知っています。
今も田園風景が広がり、綺麗な空気の志方町です。

織田さまとはちょっと違うイメージですね。

官兵衛&光姫は播州に似合っています。身近に思うのです。
ドラマはいよいよ本能寺の変に入りますね。
しょこらろーずさんの投稿文と合わせて
毎週観ていますよ。

ご近所のノウゼンカズラもいっぱい花を付けています。
オレンジ色が多いですがたまに赤い花を見かけます。
こんにちは
絆さん☆コメント有難うございます。

夕べより、パソコン大変です。お返事遅くなっています。

官兵衛さん、姫路に行くと官兵衛バスが走ってました。
官兵衛一色です。
いつも有難うございます。
姫路&加古川を代表してお礼申しあげます(笑)

ノウゼンカズ、赤い色は知らないです。
毒花なんだそうですね!


管理者のみに表示