03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

光姫のふるさと加古川紀行 第2回

2014/06/05
   
syukusyo-RIMG0199_20140605194014ee6.jpg
                             syukusyo-RIMG0201_201406051940120af.jpg





     今テレビで人気の黒田官兵衛。テレビで見てほとんど知ってはると思いますが。

     加古川の近くの名称(場所等)がテレビに出るので

     近場に感じます。こんな歴史を知る事もなく65歳の歳月が流れました(笑)
 
    下記は抜粋です。


    官兵衛の生涯

    官兵衛は 1546年11月29日に 御着城主 小寺政職(まさもと)
    
    の家老黒田職隆(もとたか)の嫡男として姫路城で生まれ、播磨の地で

    育ちました。

   学問は浄土宗の僧 円満 に学び また母から 連歌を学ぶなど

   高い教養を身につけていた官兵衛は 政職に その才能を認められ

   16歳で出任、翌年には初陣を飾り 元服して官兵衛孝高と名乗りました。

   22歳の若さで家督を継いで姫路城代となり 志方城主 櫛橋伊定の娘(光)

   と結ばれ 翌年には 嫡男 松寿丸(後の福岡藩主 黒田長政)をもうけました。

   そして永禄12年(1569)姫路に攻め入った龍野城主 赤松政秀の3000の

   軍勢を 「青山合戦」で撃退。

   24歳の武者ぶりは 官兵衛の評価を一気に高めました。

   天正3年 1575 織田方に付くか 毛利方に付くかで迷っていた政職に対し

   織田方に付くように説得。

   官兵衛の働きによって播磨の諸将も一度は織田方につくと決めましたが

   翌年三木城の別所氏らが 毛利方に寝返り 織田家の武将 荒木村重までが

   有岡城で信長に謀反。  官兵衛は村重を思いとどまらせようと
  
   単身有岡城に乗り込み 逆に幽閉されてしまいました。

   やがて1年後 有岡城の落城により 救出されていますが

   長い土牢くらしで歩く事が出来ないくらい弱ってました。

   天正8年 1580  三木城攻略のため「三木の千殺し」
   
   と呼ばれる兵糧攻めを献策したのは 官兵衛だと言われています。

   そして三木城も落城しました。                      続く





     
スポンサーサイト
19:29 つれづれ | コメント(15) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは♪

しょこらろーずさんの黒田官兵衛は、解りやすくてとてもいいです。いつもありがとうございます。

テレビの官兵衛さん、カッコいいですね。
私は大好きです。

またおじゃまします☆♪
おはようございます
黒田官兵衛のドラマ佳境に入りましたね
毎週欠かさず見ています、歴史上の人物とはいえほとんど知らなかったです。

地元であれば時々紹介もされるし興味も多いでしょうね、
ドラマの終わりに現在のそこの地方の様子放送、ナレーションもいいですね。
黒田官兵衛楽しみに観ています
有岡城の落城によってやっと救出されましたが
この役者さん芸がうまいですね。
しょこらろーずさんへ
 おはようございます。
 しょこらろーずさん、お花の写真、セントポーリアですね。見事に咲かせましたね。1年前ぐらいだったでしょうか、購入されたこと知っていましたが温度管理が難しいのにお見事です。
 黒田官兵衛、私も見ています。播磨の歴史が分かり、面白いのと、そこにしょこらろーずさんとバラさんがお住いですからことのほか身近に感じて力が入ります。ろーずさんの分かりやすい説明ありがとうございました。
しょこらろーずさんへ
おはようございます。
しょこらろーずさん、お花の写真、セントポーリアですね。見事に咲かせましたね。1年前ぐらいだったでしょうか、購入されたこと知っていましたが温度設定が難しいのにお見事です。
黒田官兵衛、私も見てます。播磨の歴史が分かり、面白いのと、そこにしょこらろーずさんとバラさんがお住いですからことのほか身近に感じて力が入ります。ろーずさんの説明ありがとうございました。
古墳は出ませんが、
毎週、見てますよー。
私も土牢から脱出し、
やっと体力が回復してきました(^_^)v。
しょこらろーずさん こんばんは

日曜日の大河ドラマ「軍師官兵衛」欠かさず
観ています!おもしろいですね。

それにしょこらろーずさんの語り口も大好き
です!続き、楽しみにしています。
こんばんは
かのこさん☆コメント有難うございます。

加古川から発する冊子を抜粋です(笑)
官兵衛さんに岡田さん、適役です。
岡田さんお好きなんですね(笑)

いつもお返事遅くなってすみません。
有難うございます。


こんばんは
八衛門さん☆コメント有難うございます。

八衛門さんも歴史お好きなのですね。
今、何故 官兵衛なのかと思いますが、こんな歴史が
あるなんて。官兵衛さんは姫路、光姫は加古川。
姫路は都会で加古川は田舎です(笑)
加古川城も昔あったのですから、知らない事多々です。

お返事遅くなりすみません。

こんばんは
あざみさん☆コメント有難うございます。

あざみさんもずっと見てはるのですね。
大河ドラマ、歴史ですから勉強にもなります。
知らない事多々です(笑う)

有岡城の落城、すごい場面でしたが、さすが俳優さんですね。
他の方も適役だと思います。
こんばんは
マジョリンさん☆コメント有難うございます。

マジョリン家の今年のバラも素晴らしかったです。
いつも有難うございます。
花ブログでも素敵だと思います。

今年のセントポーリア展行けなかったです。
案内の葉書はもらったのですが、残念です。
去年のセントポーリアは葉っぱはとても元気なのですが
花は難しいです。去年のセントポーリア展の花をアップ。
写真はほとんど撮ってきますから沢山あります(笑)

葉っぱだけでも元気だと嬉しいです。

官兵衛物語、加古川城と三木城、今有名です(笑)
こんばんは
Bunbunbunさん☆コメント有難うございます。

そうですよね。古墳も当時あったと思いますし歴史の
一貫ですし播州は古墳が多いのですね。

ちょっとでも元気になられてよかったですね。
65歳過ぎれば健康が一番のようです(笑)
お酒制限はちょっと辛いですが頑張ってくださいね。

こんばんは
karinさん☆コメント有難うございます。

訪問も遅くなっています。
英語ブログ、虎の巻があるとよいのですが、英語辞書を
ひいています。他の方のコメントからヒントを得たり
スラスラ読めると楽しいだろうなといつも思います。
デモ賢くなります。

加古川発ですから 光姫が主になります。
姫路は都会で加古川は田舎です。
おはようございます。
途中で脱落しちゃうことも多い大河ですが、今回はガッツリ見ています!
役者さん達の演技と思えない・・演技に、、ハマっている感じです。
おはようございます
niyuさん☆コメント有難うございます。

ほんとなのですか。
とても嬉しいです。今 姫路&加古川は行く道に官兵衛&光姫
の旗が揚がっています。すごいですよ。
光姫の故郷の志方のお寺の住職さんも、今は絶えてしまった
光姫の櫛橋家を応援しています。
何故に官兵衛&光姫なのかと思うほどです。
とにかく賑わっています。
加古川は今は静かな田舎です。官兵衛さんの故郷姫路は都会です(笑)

管理者のみに表示