05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

官兵衛加古川を行く

2013/10/12
     加古川郷土史家による特別寄稿より抜粋です。

   
                       別府.野口城の戦い




    別府城の戦い   

             1578年4月1日 毛利軍が三木方の支援のため
             別府城に押し寄せて来ました。
              
             毛利軍と言っても毛利と雑賀の連合軍で 大阪湾と はるか西の

             広島あたりからの出撃でした。

             それらが淡路の岩屋で結集し 別府の浜に向かって漕ぎだし

             人数は2千ぐらいと推定できました。

             別府城を守る官兵衛は 敵方を出来るだけ 別府城に近づけ

             一気に仕掛ける策をとり 敵方が土塁や石垣に取りついた時

             官兵衛は一斉に撃たせたのです。
           
             毛利方はたまらなく去っていきました。


   母里太兵衛のデビュー戦い  

             別府城の戦いで官兵衛が子飼いで育てた母里太兵衛の活躍が光ました。

             
             後年 黒田節という今様でその逸話を歌われた 母里太兵衛が

             その武名を世間に知られるようになるのは、この時からです。

             また、現在でも別府城の跡は分かっていません。


  野口城の戦い
           

            最初 秀吉軍は三木城の勢力を簡単に考えていたようです。
            
            三木城は美嚢川(みのかわ)に張り出した台地上の要害の地にあり 
            攻撃が容易でないことに 改めて驚きました。

            そこで 秀吉は 三木城を取り巻く城を攻撃し 三木城を裸にしてしまう

            作戦をとりました。 
            
            秀吉が官兵衛に策を尋ねると「野口城が手頃でございましょう」

            と。そう決まると秀吉の行動は機敏でした。

             野口城の城主は 長井四朗左衛門政重です。
             
             1578年4月秀吉軍が 手持ちの兵 3000人で攻め寄せたの

             です。対抗する野口方は 軍勢380人 に近所の農民 

             教信寺の僧兵を加えた500人が城にたてこもりました。

             三木城からの援軍はあいませんでした。

             3日目でした。「援軍が来た」と城内は活気づきましたが

             それは 加古川城からの秀吉側の援軍でした。


    
              


                                         つづく
スポンサーサイト
18:46 つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは♪

来年の大河ドラマが楽しみです。
このところ大河ドラマは見てませんが、来年は必ず見ますね(^^)

またおじゃまします☆♪
こんばんは
歴史の浅い北海道に住んでいるとこのようなお話が夢物語のように感じますが 重厚な歴史有るお話に触れると ああ・・このように時が流れて今があるのだなあと感じます
つづきも楽しみにさせていただきます
おはようございます
こんどのNHK大河ドラマ黒田 官兵衛ですね
わたしはゴールデンタイムにはチャンネル権がないので
今の八重の桜も録画でみています、
歴史物が好きでこんどのも豊臣時代の物語面白そうですね。

しょこらろーずさんの歴史解説が嬉しいTV見る楽しみが増えます続けてくださいね。
有難うございます
かのこさん☆コメント有難うございます。

いつも有難うございます。とても嬉しい
です。来年ですよね。

加古川も姫路も官兵衛ですごく賑わっています。
テレビ、人気ありますように。
有難うございます
SONOMIさん☆コメント有難うございます。

こうして、来年大河ドラマになりますから加古川も姫路も賑わっています。
沢山の場所で黒田官兵衛さんと光姫の講演があります。
私も知らなかった事多くて勉強になって
います。近場なんですよ。
別府城も野口城も。
デモ知りませんでした(笑) 
有難うございます
八衛門さん☆コメント有難うございます。

いつも励みになっています。

録画ならちょっと遅くなりますが
楽しさは同じですよね。
八衛門さんは映画がありますから、ゆっくりでも大丈夫です(笑)

なぜ黒田官兵衛かと思いますが
姫路と加古川が今賑わっています。
姫路の書写山で撮影があったのですよ。

管理者のみに表示