07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

七夕さま

2012/07/06
      七夕さま

   
        ささの葉 さらさら  のきばにゆれる 


        お星さま きらきら  きんぎん  すなご  



        五色のたんざく わたしが  かいた
   

       お星さま キラキラ   空から 見てる




shukusho-RIMG0725.jpg加古川市の商店街は今年区画整理の為か七夕さまの飾りはありません。


         七夕伝説


  織姫(おりひめ)は天帝の娘で、機織(はたおり)の上手な働き者の娘であった。


  同じく働き者の牛使い彦星(ひこぼし)と仲睦まじく、天帝は二人の結婚を認めた。

  めでたく夫婦となった二人だったが、夫婦生活が楽しくてしかたがなく、

  織姫は機を織らなくなり、彦星は牛を追わなくなってしまった。

  このため天帝は怒り、天の川の両岸に二人を引き離してしまう。

  ただ、天帝の情けによって、年に1度、7月7日に限り会うことが許された。

  しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増してしまい、

  二人は年に一度の再会ができなくなってしまう。

  その時、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、

  天の川に自分の体で橋をかけてくれるという。




  七夕に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」または「洒涙雨(さいるいう)」といい、

  織姫と彦星が流す涙だと伝えられているそうです。


shukusho-RIMG0727.jpg




shukusho-RIMG0728.jpg



shukusho-RIMG0730.jpg


    加古川市の駐車場や公園で 刃物などで傷つけられた猫の死体が相次いで見つかり

   怖い事件が相次いで起こりました。そして今朝の新聞に載りました。

   現場に血痕が無いことから、何者かが他の場所で猫の体を傷つけ、死体を運んできた

   可能性が大きいと見ているそうです。この先もエスカレートしないか、子供達にも

   被害が及ばないかが心配されています。

   

   訪問ありがとうございます。
ランキング参加中♪
↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村    
スポンサーサイト
04:00 つれづれ | コメント(22) | トラックバック(0)
コメント
そうですか、親切な鳥はカササギでしたか。北京では「福を告げる鳥」と云っていました。佐賀に通っていた時、電信柱の上にカササギの巣をたくさん見ました。佐賀県の鳥と知りました。広島にも、埼玉にもいません。
何ということはない、雨が降ろうと降るまいと、結果的には二人は毎年会えるとこうことなのですね。子供心に、七夕に雨が振らないように心配した記憶がありますが。それに、「催涙雨」などという斟酌も不要と云うことになりますね^^。
おはようございます
明日は七夕ですね
今では都会の明りで天の川なんてほとんど見ることはできませんが
昔の手の届くような見事な星空今でも覚えています。

ネオン等消してお星様見えるくらいにしたらいい節電になるんでは。

ネコひどいことをするもんですね、
最近の世相は生き物も平気で殺める怖いです。
懐かしいです
七夕さまの歌、、
短冊に願い事しながら書いた子供の頃
思い出します。 いいですねぇ、

残念ながら、今年も天の川見えないようですが、、
梅雨時なので仕方ないかな、、と思います。

猫の事件、怖いですね。
過去、大きな事件につながったこと思うと心配です。
忘れていました・・・七夕でした。
関西では、のこばって言うんですか?こちらでは
のきば、って歌います。
昔は短冊をつけた笹は、川へ流しましたが、随分前からゴミと同じ扱いになりました。ウチの町内では
お正月のお飾りさえ、ゴミなんですよ・・・。

猫の事件は、本当に気をつけないといけません。
ちょっとした変化を見逃さない事が、肝心ですね。
子供達の帰り姿であ〜〜七夕と^^

何枚も何枚も頼み事を書きたいね〜^^しょこらーずさんは幾つ?!
ばーばら夫人の願い事は届いた様子^^

小鳥達はしっかり子育てし和ませてくれますね〜〜

街も大きくなりますと。。。須磨区菅の台での近くで起きた大きな事件思い出されます・・・・
しょこらろーずさんへ
こんばんは~
しょこらろーずさん、明日は七夕ですね。何をお願いされました?・・・
小学校あたりではそうしているかもしれませんが、今笹切ってきて短冊に
願い事書くようなことあまりしませんからね。
織姫と彦星あまり仲が良すぎてもいけないんですね。
そうだとうちぐらいがちょうど良いかもしれないわ・・(笑い)
カササギ
Bunbunbunさん☆コメント有難うございます。

福を告げる鳥,カササギなのですね。佐賀県の鳥なのですか。
有難うございます。ちっとも知りませんでした。

七夕さまに雨が降らないように。Bunbunbunさん
は優しいお子さんだったのですね。

天のお話はやはり神秘で心に響きます。
伝説も楽しいです。伝説こそロマンですね。

そうなると古墳もロマンなのかも知れないです。
夜空
八衛門さん☆コメント有難うございます。

昔は夜空を見上げるとお星様が近くでキラキラ
してお月さまが近くにあったように思います。
そのお月さまの綺麗だった事を覚えています。

モンゴルはお星さま綺麗だとテレビで言ってました。自然が壊れてないのですね。

ネコ、今年大変です。いろんな所で聞きました。近場では鳩の死骸が、デモ時間が経過していました。
どんな気持ちで悪い事をしているのでしょうか。人騒がせです。

こんばんわ~
明日は七夕さんですね。
でも雨だって、カササギが逢瀬を助けて
くれるでしょうか。

猫の事件、こっちでも見ました。
むごい姿だったっていうでしょう。
何かおおきな事件に結びつかなければいいけど。
心配ですね。
七夕さま
風信子さん☆コメント有難うございます。

短冊にお願い事を書いて、素直にお願い事が叶う
と思った事もありました。子供時代です。

デモお星様は今も神秘な世界です。


明日も雨模様です。しとしとと降り続ける雨です。
暑い日々ですが節電もあってフーと言って扇風機の日々です。

ネコの事件は今年波紋を呼んでいます。
噂が噂をよんで、怖い事件です。
加古川市、女の子が刺され亡くなり犯人が捕まっていません。心配な事件です。
間違えました
ばーばらさん☆コメント有難うございます。

のこばではなくてのきばでした。
のきばと打ったつもりが。ああ恥ずかしい。

短冊の笹は川に流すのですか?
燃やすのかと思ってました。お正月の飾りは
燃やしますよ。神社とか田んぼの中で。
デモ燃やしますからゴミなんですね(笑)

ネコの事件、人身に繋がる事が怖いと思います。
ネコちゃんも大変な事件ですが。
七夕さま
こんばんは♪
明日は七夕・・今年も彦星と織姫は会えそうもないですね。
神社の奉納七夕飾りですか・・・

もうサギ草の咲く頃なのね。
そしてツバメも旅立ちの日が近づく頃・・・

こちらも夕方ごろ凄い雷雨なりました。
一年に一度の逢瀬。
なんとロマンチックなんでしょう。
たった一度でもこのように会える恋人が居る人は幸せでしょうね。今の若い人は居ない人が多いようです。

猫の事、許せないです。
なんと非情な事でしょう。こんな事する人間も
いるのかしら。信じられません。
短冊の祈り
ハツコさん☆コメント有難うございます。

短冊にたくす祈りがお空に伝わるなら
どんなに嬉しい事でしょう。
幾つになっても願い事はあるように思います。

ばーばら婦人の願い事は届きましたか?よかったですね(笑)

建物の素材のせいでツバメさんも巣作りが出来ないそうです。

須磨区菅の台での近くで起きた大きな事件?
加古川市も女の子が殺害され犯人は捕まってないです。ほんの数分の間の事件です。
平成OSAKA天の川伝説
マジョリンさん☆コメント有難うございます。

今日は七夕さまですが雨が続いています。
たくさんお願いがありすぎると、叶えられないそうですから何か一つに絞らなければと思っています。

今の時代一般家庭では、笹に短冊は見かけません。

今宵は大阪では天の川は、みんなの願いを秘めて
エコな光の球「いのり星」を放流して川面に輝きます。天満橋と天神橋の間やそうです。今年で4年目の平成OSAKA天の川伝説やそうで、青い光が幻想的やそうです。その時の為に天の川短冊セットも販売
されるようです。新しい時代へと。

よってマジョリン家の織姫と彦星が一番良いように思います(笑)
七夕さま
ちるみさん☆コメント有難うございます。

今日は七夕さまですが 雨がしとしと降っています。
カササギの出現を信じる事にしましよう。
雨の中、鳥は翼に雨が当たる大丈夫かと思いますがカササギだけはきっと助けてくれるのだと。

ネコの事件も不気味ですが、加古川で少女殺害、家に帰って来た時にお家の前の死角の場所で。
犯人親戚関係ではなくて、通り魔かと言われていますがサッパリわからないままです。
当時は大変でした。
七夕さま
絆さん☆コメント有難うございます。

今日は七夕さま。雨がしとしと降っています。
デモ、夜には止みそうな天気予報です。
広島は晴れるかもですね。

田舎の神社の写真です。やはり笹の葉に短冊は似合いますししんみり良いなと思います。

サギ草八月にはバッチリ咲きますからサギ草展もあり綺麗です。

田舎造りの屋根にはつばめが来るようですが
近代的建物には巣作りは出来ないようです。

つばめは何処に行くのでしょう。

ロマンチック
あざみさん☆コメント有難うございます。

今日は七夕さま。夜には雨が止みそうです。
一年に一度はやはりロマンチックですよね。
あざみさんのようです。言いすぎだとお許しくださいね。
七夕伝説がいつの世にも受け継がれる事は、
素晴らしいと思います。胸がジーンとします。

ネコちゃんの事件、何度も耳に入りました。
事件性があるのではと騒がれました。
鳩さんの死骸は屋内の通路で見ました。死骸を置いて去ったのだと思います。
亡くなって数日が経過しているようでした。見た時はビックリしました。
七夕
こちらは7日は朝から雨で 夜になっても曇り。
空の星は全然見えませんでした。
最も 深夜じゃないと暗くならないのですが(笑)
旧暦で祝うなら 晴れの日が多いのに残念ですよね。

猫の話し、恐いですねェ。
こちらのショッピングセンターで
やはり首を切られて死んでいた猫がいて
飼い主がポスターを出していました。
七夕さま
加代子さん☆コメント有難うございます。

そもそも七夕さまは中国のお祭りで奈良時代に伝わったお祭りのようで日本では旧暦の七夕祭りが
多いようです。福岡県小郡市(七夕神社七夕祭)であるようですが我が兵庫県は無いです。
天の川は
7月暗くなった東の空にベガ(おりひめ座)とアルタイル(ひこ星座)の間を通るように、南北方向に流れているようですが、この辺りでは自然の明りではなくて、飲食店の灯りで昼間のようです。
昔は田舎ですがお月さまもお星さまもキラキラくっきり綺麗だったですが。

モンゴルに行けばお星様が近くにキラキラしている
ようです。相撲を通じて国交が可能になるかもです。

ネコの事件は次々と噂が流れ事件になりました。
加古川市少女、殺傷事件の今も犯人わからずで、当時は大変でした。警察官は歯が立たずでした。
通り魔なのか、ほんの数分の間の事件でした。怖いです。

ロマンチックな御伽噺と反してなんと残酷な・・悲しくなりますね  
有難うございます
SONOMIさん☆コメント有難うございます。

新聞に載ってから事件は聞いてないです。
近場でおこると話の話題が大きくなって何日も何日もネコちゃんの話題が続いてました。
警察にも市役所にも電話をかけて大変でしたよ。

殺傷、出来る事ではありません。

管理者のみに表示