05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

旧家のおひな様

2012/03/04


shukusho-RIMG0150.jpg


shukusho-RIMG0149.jpg

   加古川の旧家に伝わってきた明治時代のおひな様。

  100年以上の時を越えて受け継がれてきた人形(1セット7体)と可愛い道具のお披露目

  に行ってきました。

  加古川市大野の大庄屋、荒木家からの寄贈されたものやそうです。

  撮影は禁止。光と湿度を大切に保存しているそうです。



  この人形は「古今雛」と言われる雛人形やそうな。

  古今雛は江戸時代の明和の頃江戸で生まれた人形で、金糸や色糸を使った豪華で色鮮やか

  な装束に浮世絵風の近代的な容貌が特徴やそうです。そして美しい人形の雰囲気が

  次第に大阪にも人気が出たそうです。

  内裏雛の主流として現在にも受け継がれているようです。

  五人ばやしや仕丁が見当たらないのは、この時代の人形にはよくある事で、

  特に五人ばやしと言うのは武家の文化から生まれた能楽師なので、もともと

  京、大阪のひな人形にはなかったそうです。

  
shukusho-RIMG0151.jpgひな道具


shukusho-RIMG0152.jpg


shukusho-RIMG0153.jpg


 ひな道具は初めは簡単なものだったようですが、江戸時代の中頃から、ひな祭りが盛んに

 なるにつれて道具も増えていったようです。

 大名家や上流階級の婚礼調度を模したひな道具を一般の家でも真似て飾るようになり

 蒔絵や金銀の飾り道具をつけるなど、豪華なものになっていったそうです。
  



訪問ありがとうございます。
ランキング参加中♪
↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
17:00 つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
雛人形
今晩は~☆

古い雛人形さまは 少々恐い感じのもありますよね・・・
お顔が長い人形は やっぱり苦手です(笑)
格式あるセットはお道具類が豪華ですよね。
色々見るのも楽しみです。

NHKのニュースで 石段の両側に毛氈を敷いて
飾らなくなった人形が勢揃い を流していました。
綺麗なのが沢山あるのに 勿体ないような・・・・
この後、どうするのでしょうね?
供養してから 流すか焼くかするのですか?
人形供養
加代子さん☆コメント有難うございます。

こんな古いお雛様見たの初めてです。
今日が最終日でした。2月11日ー3月4日の展示です。
供養人形調べてみました。

人形を供養する会社があって
供養後は大切なお人形の寄付先を募集しており、
一部をそちらに寄付をさせていただいております。
との事。寄付先がなかったらどうなるのか?

このお雛様の着物は人形の為に作ったと言ってました。そして模様は全て刺繍やそうです。
明治時代から刺繍があったのですね。
すごいと思います。
家のは丸顔で可愛いお雛さんです(笑)




管理者のみに表示