08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

お寺

2010/09/09
shukusho-CIMG0638_20100909171908.jpg

shukusho-CIMG0637.jpg

shukusho-CIMG0634_20100909171908.jpg

shukusho-CIMG0635.jpg

shukusho-CIMG0636_20100909171908.jpg

   お寺参りとお墓参りはよく行きます。


   元加古川城跡に 高野山真言宗の称名寺があります。


   境内の中には 18体の北向き地蔵があります。


   私の42歳の時に 主人が46歳で他界しました。


   解離性大動脈瘤の手術は成功したものの


   術後 心臓が動かないまま他界したのです。

   
   主人の姉達は医療ミスを指摘したものの

   
   当の本人は帰らないので


   詳細はわからないままです。


   医者もできるだけの事をしたが心臓が動かないのです。


   の言葉が返りました。


   その後主人の両親は90歳をまっとうして


   旅立ちました。


   お墓参りは欠かさず今も行っています。


   北向き地蔵さまにも安泰を


   祈るばかりです。


   人の命はわかりません。


   生在る限り死はあるのですが


   何かの事故で命を失うのかもしれないです。


   そこには祈りの世界があるのかどうか


   心の世界があるのかどうか


   医学という世界の失敗なのか


   いつか私も死ぬのですが


   安らかに眠りたいです。 


   

訪問ありがとうございます。
ランキング参加中♪
↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
17:21 つれづれ | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
あざみがいつもお参りしている真言宗の久安寺にも何体か数えて事はありませんが お地蔵さんが並んでいます。北向きではないようにおもいますが。

初めての孫がどうも医師の手落ちで死産したように思われ訴えようとしたのですが若い夫婦が
上手くまるめこまれて納得していたのでやめましたが、不審なことはありますよね。
でも旦那さまお若くして亡くなられたのですね。お墓は近いのですか。
お墓
あざみさんコメント有難う
ございます。
どこのお寺さんもでしょうが
称名寺のお寺の本堂も大きく
お寺の境内にお墓があります。
近くにあります。
95%大丈夫との医師の説明で
手術になったのですが
姉夫婦四人も控え室におりました。
大丈夫とはうらはらに
どんでん返しになりました。
わからないものです。



ミス?
そうなんですか・・・
95%大丈夫と言われても 残りの5%に入れば
本人にとっては成功率0%ですものねぇ・・・
手術で麻酔から醒めない人もいるそうですし
怖いです。
ご主人様、手術がなければ 親御さんの様に
長生きなさったでしょうに残念です。
ことばがないので
Peace Be With You.
心の平安があなたに・・・、との意味でしょうか。
こんにちは
お寺や仏様の写真はいいですね、気持ちが安らぎます。

初めて伺いました、ご主人若くして他界されたんですね、
いままでご苦労されたでしょう。

世の中にはどうしても逆縁があります、
わたしの妹も60歳で他界 父親は嫁の世話になりながら95歳まで天寿がありました。
ブログに書いた義父も息子を50歳(嫁の兄)で亡くしています。

出来るだけ迷惑かけずにぽっくりと行きたいそれが望みです。
有難うございます
加代子 さんコメント有難うございます。
医療ミスなのか寿命なのか
麻酔の影響も大きかったと
思います。手術は難しいようでした。

主人の姉夫婦二人は80歳になる
今も世界旅行に出かけています。
20年間ずっとです。
フランスよりクロアチアが
おすすめやそうです。

有難うございます
Bunbunbun さんコメント有難う
ございます。
ほんとに大変でした。
お気づかい有難うございます。

お酒の好きな人で塩とお酒
だけでもお酒が好きでした。
飲みすぎ、食べすぎ
は駄目ですし食べ物の
質も大切です。
勿論ストレスも駄目です。
元気に暮らすのも難しいですね。
有難うございます
はっちゃん さんお付き合い
くださり有難うございます。
苦労を苦労とも思わず歩んで
まいりました。
子供を亡くす悲しみは私以上に
大きかったようです。

逆縁と言うのですか?

両親は実の子(姉夫婦)と最後まで
暮らしたのですが
姑は私が訪ねる度に悲しみ
をぶつけました。
仕方が無い事です。

はっちゃん さまも
95歳までの天寿がありますように。


大好きなしょこらろーずさんへ
暫くPCの状態が悪く、今日あなたのところに辿り着いて、この記事を拝見しました。
<そんなことがおありだったのか・・・>とショックを受けました。
その後20年近くをあなたは頑張ってこられたのね・・・
取り返えしはつきませんが、よく我慢をされましたね。
わたくしならひとたまりもありません。
健康を大切にされるあなたの根幹もよく理解出来ます。

あなたにいっぱい幸せの花びらが舞い降りますように、健康で、長生きされますように。
この試練があなたを一層輝かせますように、いっぱい願って、文字を打ちます。

だんな様。どうぞあなたの妻を守って下さいますように。
有難うございます
バラさんコメント有難うございます。

遠い昔の出来事ですが
何が起こったかわからないまま
時が経過しました。
敗北感です。
病気はいつやって来るか
わかりません。
明るく過ごしたいものです。
バラさんもお元気で。
 

管理者のみに表示