FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ゆっくりしています

2019/10/07
shukusho-RIMG0612.jpg


     夕方、向日葵が咲く道を自転車で走った。
     小さな向日葵の花がまだ沢山咲いて、涼しいさの中に夏をもらった。
     去り行く夏、始まる秋。
     その間で咲く向日葵の花は貴重な気がした。
     季節感がどうのこうのではなくて、自然の中に咲いているのだ。
     
     私はとびっきり呑気だと思う。お婆ちゃん子で育った。
     お婆ちゃんは泣くと叱るでもなく、泣いたら 外に出て 泣き止むと
     家の中に入っていたそうです。いつもボーとしてるのは、そのせいかも知れない。
     
     
     
  
shukusho-RIMG0614.jpg

     播州 たつの市の イトメンの二八蕎麦です。さっと茹でて出来上がり。
     

shukusho-RIMG0611_20191006181936bb1.jpg
                             簡単なグラタン

                                                                                       子どもへのまなざし 『本気』より

shukusho-RIMG0609_20191006181931fc4.jpg



スポンサーサイト



00:53 つれづれ | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
あの時代
モノがあふれる今とは違って、
アレがあったらどんなに便利と、思うものがあって、

でも、人はみんな豊で、怒りや憎しみは包んでかくし、
周囲の人には笑顔見せて暮らせた時代でしたね。

最近は何でも、、言わなきゃソンとばかりの自己主張。
わがままも無理でも、押したモノの勝ち!
人として優しく育つことのステキさ、見失いがちです。
記憶の底に、キチント仕舞ってある人も少なくなった様に思います。良いものは大切にしたいですねー。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは
しょこらろーずさん こんばんは

小さな向日葵が咲く道を自転車で走る!
ああ、どこかで見た風景のような気がします。
おばあちゃん子でゆったりとのんきに育て
られたしょこらろーずさん、お幸せな子供時代
でしたね。

私は体が弱くてよくお医者さんの往診を依頼
したり、神道の家だったので、寝込むと巫女さん
がお祓いにみえたり、、、心身ともに弱かった
ですねぇ。

一人暮らしをなさっていても、さりげなく食事
つくりもきちんとなさっていて感心しています。
おはようございます
マーニさん☆コメントありがとうございます。

マーニさんがおっしゃる通りだと思います。
物が溢れると、ふじゅうがないものだから
エスカレートしていきます。目に見えるもの
が最大で、それが間違っていても気づかない
心が働かない今の時代だと思います。
気をつけようと思います。

古いしがらみにこだわって、復讐心に出会うと
恐ろしいです。もっと前向きにならんかと
思うけれど、言葉にすると倍になって
返って来ますから、身を守る為に黙っています。

目は不確かだと思います。心が見えないからです。

言いたい事を言ってすみません。
日頃のうっぷんです。私には競争心が不足です。
競争心がないなと言われます。たまりません。

有難うございました。
おはようございます
karinさん☆コメントありがとうございます。

私は過保護で育っています。悪く言えば
自立に乏しいです。デモ、一人になって鍛えられました。

幼い頃の母の思い出は少なく、夏休みは叔母の家
で過ごしました。弟の身体が弱かったからです。
身体が弱いと大変です。眠る時、喘息の発作が起こる
と弟は椅子に座って眠ってました。親戚からは、あの子は
育たないかも知れないと言われてました。今生きています。
母は大変だったと思います。

karinさんのお話。記憶にあります。いつもありがとうございます。

足を悪くして、食べ物の大切さ思います。
手抜きが多くなったからです。頑張ります。
karinさんも気をつけてくださいね。

有難うございました。

管理者のみに表示