FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

博多織

2010/03/29

2010032906530000_2.jpg



「博多織」のバッグのお土産をいただきました。

 博多織は初めて手にしますし 初めて知りました。

 絹糸で織り上げた博多織地で 出来ています。とても素敵なバッグで可愛いです。


 博多織の由来なるものがあるのですね。

 およそ七百七十前 満田弥三右衛門という人が 中国(当時の宋)に渡り製法を取得

 し帰国。その後弥三右衛門の子孫が再び中国(当時の明)に渡り広東で織物の研究

 をして帰国後さらに改良を重ね 琥珀織のように 生地が厚く浮線紋や柳条などの

 ある厚地の織物を作りだすことに成功したそうです。

 これが 博多織 のようです。

 写真が精密でないのが残念です。

訪問ありがとうございます。
ランキング参加中♪
↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



10:19 つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
博多に行きますと、博多人形もですが、お店のあちこちで見られます。
独特な織り方でとてもシンプルですが素敵です
あざみは 博多帯を持っています。今ではタンスの 肥やしになっておりますが。
博多帯
あざみさん有難うございます。
博多はあまり知らないのですが
福岡県の能古島(のこのしま)に行きました。
玄界灘の荒波がよかったです。
博多織はシンプルな中に気品があり本当に
素敵ですね。
博多帯きっと思い出がたくさん詰まっているのでしょうね。
No title
名前は聞いていますが、持っていません。由来も初めてです。
帯だとなかなか買えませんが、こうした伝統がバッグになれば求めやすいですね。
博多帯
みかんさん有難うございます。
確かに博多織バッグのプレゼントは嬉しかった
です。シンプルなんです。デモ素敵。
着物とか帯を着ける人が少なくなった今
とはいえやはり着こなす人はいるのでしょうが
小物としても伝統が受け継がれる事は嬉しい事です。 
博多織
博多は実家から近いこともあり 時々遊びに行ってました。
博多織の半幅帯があるのですが なかなか締める機会がありません。
今日は着物を着てみましたが 名古屋帯(笑)
博多帯
加代子さん有難うございます。
着物を着はるのですね。
素晴らしいです。
着物は結婚式とお葬式
だけです。
お嫁に行く時に沢山の着物と帯を
作ってもらいましたが眠ったまま。
博多帯はないですが。
知り合いの貸し衣装店も数年前に閉店。
古い着物や帯を洋服や小物に仕立てウインドゥに
飾ってあるお店があります。

管理者のみに表示