08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

梅仕事

2016/06/13
syukusyo-RIMG1103.jpg

    梅の季節で梅が並ぶようになりました。
   新聞で見つけた梅仕事。
   早速作ってみました。土用干しはまだです。
   全国で料理教室を運営するベターホーム協会が、熟し方が不十分な梅でも
   簡単に梅干しが作れる方法を提案しています。初心者におススメ。
      


syukusyo-RIMG1104.jpg

    道具、梅500グラム、ジッパー付きポリ袋(マチ付きがよい)
        重しはペットボトルで代用。

    材料 梅500グラム 下漬用粗塩75グラム 梅重量の15% 本漬け用赤ジソ葉のみ80g

     下漬け  梅をボールに入れ 80-85℃のお湯を入れ1分浸す。   
           すぐにたっぷりの水で冷ます。ザルにとる。 これは強制追熱と言うそうです。
            
            竹櫛でへたをとる。粗塩となじみやすくするため、水気は抜かない。
            ポリ袋に入れ粗塩をまぶす。 空気を抜き平に。
            袋の口を閉じペットボトルなど梅と同量の重しをして3-4日置く。
    


syukusyo-RIMG1106.jpg
     
     本漬け 赤ジソを粗塩で2回もみアクをだす。
          梅を漬けた汁を加え発色させ赤ジソと一緒にポリ袋に戻す。
          重しをして常温のまま梅雨明けまで待つ。
          
     土用干し 屋外ではなく室内の日当たりのよい窓辺で3日間以上 干す。
           干すときは木やプラスチックのザルに並べる。

     出来上がり 梅の重量で判断する。生梅の55%。重い時は 土用干しを続ける。
             出来上がるとすぐに食べられるが 3ヶ月おくと味がなじんで美味しいそうです。
             
         詳しくは 「袋で作る保存食読本」 450円 送料100円
         電話で申し込む  06 6376 2601  

          
syukusyo-RIMG1107.jpg



     昔は栄えた加古川寺家町通りですが、今は静かです。
     昔からある カツメシのお店で。

syukusyo-RIMG1100.jpg

   サテンにて。
syukusyo-RIMG1097.jpg



スポンサーサイト
05:19 つれづれ | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
プリプリ
はちきれそうな梅が、
しんなりして、梅干し、に変わるのですね。

梅から梅干しに、、
その時を一緒に、、楽しみにして待つのですね。

生きているコトは ” 待つ ” コトだと、聞いた事があります。

楽しみに待つのが一番よいコトですね。
こんにちは
梅干しを作られてるんですね
夏土用になったら天日に干したりするんでしょうか
梅干し作りもなかなか手間暇かかりますね。
ずぼらを、決め込んで
今年は、具合のいいことに、庭の梅に実がならなかったので、ラッキョウと共に、漬物放棄です!
年々メンドクサイが、先に来てしまう、ナマケモノに
化けました。(笑)
こんばんは
しょこらろーずさん こんばんは

梅酒は一回だけ作ったことがありますが
梅干しは作ったことがありません。
その気になれば作れるのですねぇ、、、。
梅干しを作っていた母が思い出されます。

茶店のカップ、大好きなウエッジウッドに惹かれました!
おはようございます。
dowさん☆コメント有難うございます。

梅、遠い昔に梅干し作りましたが
カビが生えて、上手くいきませんでしたが
この方法だと簡単で衛生的です。
真空パックが良いのでしょう。

生きる事は待つ事。待つ事も楽しい時間です。
ゆっくりお過ごしくださいね。

梅干し食べてくださいね。
おはようございます
八衛門さん☆コメント有難うございます。

梅干し作り、簡単に出来ます。
梅をお湯に漬け、引き上げ水に入れる。
マチ付きのポリ袋で、梅、塩を入れて
水が上ると赤紫蘇入れるのみです。

土用干しは陽の当たる室内で3日で終わる
ようです。
カビが生えずに出来て、ジッパー付きポリ袋
は活躍します。
新しい技術でしょうか。
おはようございます
ばーばらさん☆コメント有難うございます。

梅干し、遠い昔に作りましたがカビが発生。
以来作りません。
この方法は簡単で場所もとらず、衛生的です。
カビも生えないと思います。
袋で作る、ポイントを知れば、簡単に美味しく
出来るのではないかと。
梅もらっきょも不作なんですね。
鳥取らっきょ、鳴門らっきょ、和歌山の梅が出ています。
おはようございます
karinさん☆コメント有難うございます。

梅干し、遠い昔に作りカビが発生。
以来作りません。デモ、この方法はよく考えて
あって簡単です。ポリ袋はすぐれものです。
衛生的です。是非。

田舎のサテンですが、ウエッジウッドのカップ
もあります(笑)
サテンと言えど長く居るとお茶も出てきます。長閑です。
No title
梅を見ているうちに口の中が酸っぱくなってきちゃいました(*'▽') 体に良いのですよね あんまり食べることがないので こんな風に漬けるのだなあと感心しました 綺麗な色ですね カツも美味しそうです(*'▽')
有難うございます
sonophotoさん☆コメント有難うございます。

梅干し、昔の漬け方だとカビが来ますが
これなら大丈夫です。場所も狭くてよいです。
赤シソを入れて真っ赤に染まりました。
土用干しがちょっと大変です。

カツメシは名物ですが、お店によって違います。
カツの薄さにビックリしました。
昔は薄かったのかも知れません。

有難うございます。

管理者のみに表示
« 笹だんご | HOME | 六月 »