09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

狂言

2016/05/23
syukusyo-RIMG1051.jpg


    5月22日 狂言を楽しむ会に行って来ました。
   
   時々ですが狂言を鑑賞して何年が経つだろう。
   最初は解らない狂言も何回か通う内にそれとなく解ってくる。
   あらかじめ、あらすじを読んでいると、笑う事も多々ある気がします。
   
   今回のお題は 蚊相撲(かずもう)、口真似(くちまね)、膏薬煉(こうやくねり)でした。
  舞台は撮影が許されないので、最初にパチリ。
  この舞台で3人か2人で物語が展開します。 


syukusyo-RIMG1059_201605230415462bf.jpg

    7月17日には 東京国立能楽堂で公演もあるようです。
   お題は 嵐山、大黒連歌、居杭、子盗人、猿聟(さるむこ) です。
    

   狂言はだいたい午後2時開演で午後4時-5時終了です。  
   
   

syukusyo-RIMG1060_201605230415439ec.jpg


  小豆でお汁粉を作ってみました。

syukusyo-RIMG1054_20160523041544adc.jpg




スポンサーサイト
04:30 つれづれ | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
狂言
随分、舞台が近いのですね。

足の音も、、響いてくるようです。

それと、、椅子ではないのですね。
これは、、膝を痛めている私にはキツイ!!
しょこらろーずさんは大丈夫なんですね。(エライ)

奥のモニター?
狂言の由緒など、、説明などもされるのでしょうか?

知らないコトを学ぶのは、歳を重ねても楽しいモノですからねー。
No title
狂言観た事がないです。
日本の文化の原点かしら。
色んな事に挑戦は若さを保つ秘訣ですね。

お汁粉もお手製ですか。
美味しそうですね。
こんばんは
しょこらろーずさん こんばんは

狂言の世界もいいですねぇ、、、。
しょこらろーずさんは狂言を理解なさって
いるのですからすごいです。

新潟市に芸術文化会館ができてその中に
能楽堂もありました。
その時初めて狂言を楽しんだのでした。

東京に来てから数回楽しみましたが、狂言
は理解していないのにその雰囲気が
たまらなく好きです。変わっていますね(^_^;)。

7月17日、東京国立能楽堂での公演、
行けたらいいなぁ。

しょこらろーずさんのお手製のお汁粉、
とっても美味しそうです。
狂言
dowさん☆コメント有難うございます。

舞台は近いです。友人が嫁いでいます。
よって見に行っています。女子は舞台に出る事
は出来ませんから裏方です。

いえいえ、椅子を用意してもらいました。
椅子の人もけっこうおりました。よかったです。

最初に見どころの解説、はじめて見る人の為に
狂言の説明があります。

みんな、一生懸命見ています。

有難うございます。
おはようございます
あざみさん☆コメント有難うございます。

狂言と聞けばテレビで有名な 野村萬斎がいます。
加古川にも来られました。
能と狂言はちょっと似ていますが、歌舞伎はちょっと
違う気がします。狂言より歌舞伎が好きな人もいます。
能、狂言、歌舞伎は古典芸能です。
ごく近場にも御面を付けて舞をされる女性がいます。
普段お話すると普通の方ですが、演じると人が変わり
ます(笑)芸術なんですね。

小豆を煮て作りました。お砂糖控えめです。
有難うございます。
No title
こんにちは!
最近オペラを見に行くと字幕が出ますが
能や狂言はそういうわけには行きませんね。
あらすじを知っていないと半分も楽しめません。

こちらでも野村萬斎氏の演目を見ましたが、
お上手、、、。なにしろ声が素敵でした。
お近くに能舞台があるのは素敵な環境。
日本の古典芸能、、、大切にしたいですね。
狂言
素敵なご趣味が、おありですねぇ~。
狂言って、字の通り笑い話なのでしょう~?
セリフも、分かりやすく、動作も大きくて、
面白いですよね。
昔、学校に来てくれたことが、ありましたね。
こんばんは
karinさん☆コメント有難うございます。

狂言、友達が教えてくれるのを信じて
通いました。きゃあと言う笑いではないですが
笑いをもらえます。なんとなく理解できて
いる気がします。
狂言は所々で催され、能&狂言と言う組み合わせ
もありました。
大阪公演が今は東京公演になりました。
時代と共に変わっていく気がします。

karinさんも何度か狂言楽しまれたのですね。

東京国立能楽堂は行った事ないです。
大阪には何度か通い、今は自宅の高槻で見せて
もらっています。

有難うございます。
有難うございます
野いちごさん☆コメント有難うございます。

はい、確かにあらすじを見ておくと
笑いを沢山もらえる気がします。
野村萬斎さんは加古川にも来られました。
テレビで有名ですから。
能も狂言も舞台衣装が目を引きます。
萬斎さんの衣装は高価に見えました(笑)

出不精な私ですが、今も行っています。
友人に感謝です。

有難うございます。
狂言
ばーばらさん☆コメント有難うございます。

狂言、趣味と言う訳ではないですが
友人の嫁ぎ先が狂言の世界で、見に行ったのが
きっかけで、本や資料を送ってくれて
今に至っています。
わははと笑うと言うより、クスクスと笑う場面
があると思います。動作は大きいです(笑)
演じる方も自ずと覚えてしまいます。

バタバタ忙しい中、ゆっくり出来る時間でもあります。

有難うございます。

管理者のみに表示
« 休日 | HOME | そら豆 »