FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

日頃のこと

2020/09/27
shukusho-RIMG1536_2020092702185129a.jpg

     次から次と花を咲かせて明るいです。我が家のベランダです。

     近頃、目の前を 埃のようなものが飛び 時々 光も出て 気のせいか
     目だ重く うっとおしいです。飛蚊症状 なのですね。
     小さな埃からちょっと大きな埃になった。
     以前二回医者に診てもらったけれど、老化現象だった。
     仕方ないと思いつつ。若さを保つ事は健康へのパスポート。若くならなくては。
     
     座りすぎは よくないらしく、寿命を縮めるそうです。
     1日11時間以上座ってる人は 4時間未満しか座らない人に比べると
     死亡リスクが 40% も高くなるそうです。
     デスクワーク、気をつけて 時々歩き回る事が大切のようです。
     体を動かす事は大切のようです。
     

 shukusho-RIMG1539.jpg
   
    極楽鳥花 別名を ストレリチア 。南アフリカ原産で花言葉は
    気取った恋、輝かしい未来。寛容。
    ちょっと写真を撮らせてもらった。鳥が飛ぶような美しい姿です。
    大きな葉っぱだけど、葉っぱを切ると再生が出来ないそうです。
    
    ストレチア・レギネはカリフォルニア州のロサンゼルスの市花ともなってます。

    
    とんぼのうた 
   
    とんぼは石の上がすきです。
    たっていっても すぐひとまわりしてもどって来て
    止まるのはいつも おにわの石の上です。
    青い眼玉に青いしまのあるおなかをして、とんぼはじっと
    石の上にとまっています。
    石の上に止まっていても、うしろもまえもよく見えるのです。
    複眼であるとんぼは、小さい虫がうしろにいても すぐわかるので
    ふいに立っていって 食べてしまうのです。
    とんぼの羽はきらきらして美しい、雨がふると 木が葉のかげにいて
    羽をぬらさないように、大切にします。
    
    秋になると、とんぼの羽根がやぶれます。
    からだがよわると 羽根もだんだんやぶれて
    やぶれると とんぼのいのちがなくなります。
    つめたい かなしい風が吹くと とんぼはだれもしらないまに
    しずかにしんでしまいます。とんぼがいなくなると、
    秋がふかくなってゆくばかりです。 動物詩集より
    
     
スポンサーサイト



02:19 つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0)

詩集

2020/09/22
shukusho-RIMG1527_202009221857158ca.jpg

     新聞で見つけた 室生犀星 の詩集。動物詩集です。
     室生犀星の本はあまり知らないけれど 動物詩集 も初めてです。
     石川県金沢市より送ってもらいました。
     室生犀星記念館名誉館長の お孫さんの 室生洲々子さんが
     あとがきに
     祖父は 金沢を流れる犀川の岸辺で育った。その川を生涯にわたって愛し
     ペンネームもこの川に因んでる。本名は室生照道。
     養家 雨宝院の 崖の下の川辺は少年の日の遊び場。
     孤独な心を癒したのは、この水辺であり、そこに生息する魚や虫 鳥であった。
     なかでも、魚や虫は作品に度々登場して 友であったようだと。



shukusho-RIMG1532_20200922185718dd7.jpg

      こうろぎのうた一

     石と石のあいだの 石と土のさかいに こうろぎはかくれて ないています。
     石の下のおくの方で すこしあいているとこらが どんなにさびしいかは
     誰も知らない。どんなにあんしんだかも誰も知らない。
     
     嵐もなく 雨もふらず 人のこえもしてこない。
     そんなところで
     こうろぎは冬の来るまでなくのです。
     こうろぎはさびしいところがすきなのです。
     さびしくないと鳴く気にならないのです。



     こうろぎのうた二

     こおろぎはいつもかなしくなると、口からお茶のようなしるをはきます。
     くろいずきんをかむり 馬のような口で
     もぐもぐ何かたべている。
     秋が来ると  すぐ 秋がくるのをしらせます。
     そして山に雪の見えるまで 晩はないてやむことがない。
     こおろぎのうたは いつもおなじです。
    

shukusho-RIMG1531_20200922185717274.jpg


shukusho-RIMG1529_20200922185715f47.jpg

   松虫 、鈴虫のうた

   どちらが 姉さんで どちらが妹だかわかりません。 
   姉妹であるかどうかもわかりませんが
   あれが姉妹でなかったら、姉妹の虫なんて いはしない。
   人は言う 松虫鈴虫。 そして どちらもよくにた虫で
   仲のよいことは世界一です。
   



shukusho-RIMG1526_202009221857128cf.jpg


      9月21日の夕焼けです。

shukusho-RIMG1523_2020092218571157d.jpg

   9月22日の夕焼けです。


shukusho-RIMG1533.jpg

    近くの ほっかほっか亭 のお弁当です。チキンキーマーカレーとえびかつ。



20:45 つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0)

散歩

2020/09/20
shukusho-RIMG1507_20200920144234c72.jpg

    明石城のある 明石公園はとても広いです。そしてJR明石駅のすぐ北。
  行ってみました。散歩がてらにと行ったのですが、ひょうごまちなみガーデンショー
  の催しがありました。全く知らないで行ったのです。
  沢山のガーデンの花を見る事が出来ました。さすが明石市の催しだと思いました。
  それにしても、沢山の時間をかけて造られたと思います。
  ほんの少しですが、写真を撮ってきました。

  

shukusho-RIMG1508_202009201442352ba.jpg

                             明石城です。


shukusho-RIMG1509.jpg

      沢山の旗があがっていました。


shukusho-RIMG1498_202009201442248ff.jpg


shukusho-RIMG1500_2020092014422671d.jpg

     明石城のお堀にも 花模様がありました。沢山の鯉がお池にいましたが
     水が濁って見えにくかったです。


shukusho-RIMG1519 - コピー

   
shukusho-RIMG1497.jpg
  
          通路沿いにも花がありました。


shukusho-RIMG1499_20200920144224488.jpg

shukusho-RIMG1517 - コピー


    
             ガーデンの花たち。ほんの少しです。


shukusho-RIMG1516 - コピー


shukusho-RIMG1515 - コピー


shukusho-RIMG1514 - コピー


shukusho-RIMG1513 - コピー


shukusho-RIMG1512 - コピー


shukusho-RIMG1511_202009201442399a9.jpg


shukusho-RIMG1505_20200920144233c7d.jpg


shukusho-RIMG1504_20200920144232000.jpg


shukusho-RIMG1503_20200920144230a80.jpg


shukusho-RIMG1502_2020092014422921e.jpg


shukusho-RIMG1501_20200920144227078.jpg


shukusho-RIMG1495_20200920144220528.jpg

   帰りは足が痛く 加古川駅のドトールに入りました。一休み(笑)
   紅茶の温かさが、身体に浸みました(笑) 

shukusho-RIMG1522 - コピー

15:58 つれづれ | コメント(10) | トラックバック(0)

くじけそうになっても

2020/09/18
shukusho-RIMG1488_20200918190639f47.jpg

    涼しくなった。エアコンは要らなくなった。
    
       
   残暑を飾るかのように 咲いてる ポーチュウラカに拍手です。


    


shukusho-RIMG1487_20200918190637402.jpg

    田園風景の中のマクドナルド。早朝 ソーセージマフィン と ホット珈琲。
    
    200円です。早朝のみです。楽しいひと時です。


shukusho-RIMG1486_2020091819063563f.jpg

    田舎のマクドとは思われないです。室内も広く、装飾もすごい。コロナになって
    お客さんが増えました。



shukusho-RIMG1485_20200918190634aa8.jpg



shukusho-RIMG1489_20200918190639ae5.jpg


   友人からの贈りもの。信州生まれの葡萄。

shukusho-RIMG1490_20200918190641fcf.jpg

     十八日、住処の 室内についている、階段の点検がありました。
     一年に一度だけれど、急な出来事で使うのかな。
     私の場合は外の階段で降りた方が早いです(笑)


shukusho-RIMG1494_20200918190644091.jpg

                      9月18日の夕日です。

19:21 つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0)

神様

2020/09/13
shukusho-RIMG1480.jpg

                 氏神さまである 日岡神社に行って来ました。

   祭神
     主祭神--天伊佐佐比古命(アメノイササヒコ)
     配 祀--鵜草葺不合命(ウガヤフキアヘズ)・豊玉比売命(トヨタマヒメ)
         ・天照皇大御神(アマテラスオオミカミ)・市杵島比売命(イチキシマヒメ)




     神様の事はよく解りませんが、日本神話の物語は イザナギノミコト イザナミノミコト
    の夫婦神から始まります。結ばれた2神から万物を司る神々が誕生。
    神様は 柱 と数えるそうです。

    天照大御神は世界でも珍しい 女性の太陽神やそうです。
    豊玉比売命は初代天皇の祖母となった海の神の麗しい娘。
    鵜草葺不合命は天と神の間に生まれた縁結びの男神。そして初代 神武天皇の父。

    古事記に神様の事は載っています。
    神様を知って運を開く、願いを叶えようと、神様の存在は大きいです。

    
    
shukusho-RIMG1475_2020091310562927b.jpg


              イザナギノミコト・イザナミノミコト

    
           はじめに生まれた子は失敗してしまう

イザナギとイザナミの結ばれた二神から生まれたはじめの子は水蛭子(ヒルコ)。

しかし、残念ながら不具の子だった為、その子を葦(あし)の船に乗せて流してしまいます。

          二番目に生まれた子も失敗

その後、二度目に生まれた子、淡島(アハシマ)も生み損ないだとされ、
二人はショックをうけ、数にも数えませんでした。

悩んだふたりは『自分たちが生んだ子どもは良くない』と、
天の神々のところへ伺いを立てることにします。

天の神々によると、女性が先に言葉を話したのが良くなかったとされ、
ふたりは再び地へ戻り、女のイザナミから先に言葉を話すのを改めたとされます。

        三度目の子として淡路島を産むのに成功

神々の仰せ通りの儀でイザナギとイザナミの子として、
初めに数えられたのは「淡路島」です。

次に生まれたのは「四国」・三番目に生まれたのが「隠岐」・
そして「九州」・「壱岐」・「対馬」・「佐渡」の順で生まれ、最後に「本州」が生まれました。



shukusho-RIMG1476.jpg


shukusho-RIMG1482_2020091310563477c.jpg
shukusho-RIMG1481.jpg




shukusho-RIMG1484_20200913105637a91.jpg
shukusho-RIMG1483_20200913105635252.jpg


shukusho-RIMG1472.jpg


shukusho-RIMG1473_20200913105627e36.jpg



16:04 つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »